C言語 標準関数 | 応用 | サンプル

標準関数
構文
応用

管理人

プライバシーポリシー


if文以外の条件文

if文以外の条件文に三項演算と言うものがあります。
実態はif文と同じですが、三項演算の利点として、関数的な記述ができるのでソースコードが短くなって視認性が増すことが上げられます。

一般式は以下の通りです。

exp1 ? exp2 : exp3;

exp1を評価して真(!0)であればexp2を実行し、偽(0)であればexp3を実行します。

exp1、exp2、exp3の3つあることから三項演算と言われています。'?'や':'を三項演算子と言います。

注意することとして、偽(0)以外は全て真(!0)になることです。

サンプル

#include <stdio.h>

main() {
  int exp1;

  exp1 = 2;/* 真 */
  exp1 ? printf( "TRUE\n" ) : printf( "FALSE\n" );/*TRUE*/
  printf( "=%s=\n" , exp1 ? "" : "FALSE" );/* == */

  exp1 = 0;/* 偽 */
  exp1 ? printf( "TRUE\n" ) : printf( "FALSE\n" );/*FALSE*/
  printf( "=%s=\n" , exp1 ? "TRUE" : "" );/* == */
}

実行結果

TRUE
==
FALSE
==


Copyright © 2008-2015 http://hitorilife.com All Rights Reserved.