C言語 標準関数 | 応用 | サンプル

標準関数
構文
応用

管理人

プライバシーポリシー


書式

#include <string.h>

char * strcpy( char *str1 , const char *str2 );

■戻り値:コピー先str1のアドレスを返す。

説明

コピー先str1へコピー元str2のNULLまでをコピーする。つまり、str1はstr2で上書きされて末尾にNULLが設定される。戻り値はstr1のアドレスである。

尚、str1はコピー時に領域溢れが生じない充分なサイズ(充分なサイズのある領域へのポインタ)が必要である。

領域溢れが生じる可能性がある場合は、strncpyを使用することを推奨する。

サンプル

#include <string.h>

main() {
  char str1[10] = "012345";
  char str2[10] = "678";
  char * adr;

  adr = strcpy( str1 , str2 );
  printf( "adr=%s\n" , adr );
  printf( "str1=%s\n" , str1 );
}

実行結果

adr=678
str1=678


Copyright © 2008-2015 http://hitorilife.com All Rights Reserved.