C言語 標準関数 | 応用 | サンプル

標準関数
構文
応用

管理人

プライバシーポリシー


書式

#include <stdio.h>

int fputs( const char *str , FILE *fp );

■戻り値:
ファイルポインタfpに文字列strを出力して、成功すれば負では無い値を、エラーであればEOF(-1)を返す。

説明

fopenなどでファイルをオープンし、その戻り値であるファイルポインタfpを取得済でなければならない。
但し、標準出力stdoutや標準エラーstderrへの出力であればオープンする必要はない。

ファイルポインタfpに文字列strを出力する。改行コード(\n)は自動で出力しないので、改行する場合は意図して改行コードを出力しなければならない。

成功すれば負では無い値を、エラーであればEOF(-1)を返す。

サンプル

#include <stdio.h>

main() {
  FILE * fp;
  int ret;
  char putdata[] = "ABCDE";
  char row[24];

  /* Windows系の場合は"test.txt" */
  fp = fopen( "./test.txt" , "w" );
  if( fp == NULL ) {
    printf( "ファイルオープンエラー\n" );
    return -1;
  }

  /* ファイルに出力 */
  /* 意図して改行コード(\n)を挿入 */
  sprintf( row , "%s\n" , putdata );
  ret = fputs( row , fp );
  if( ret == EOF ) {
    printf( "ファイル出力エラー\n" );
    return -1;
  }

  /* ファイルクローズ */
  fclose( fp );

  /* 標準出力に出力 */
  ret = fputs( row , stdout );
  if( ret == EOF ) {
    printf( "標準出力エラー\n" );
    return -1;
  }

  /* 標準エラー出力に出力 */
  ret = fputs( row , stderr );
  if( ret == EOF ) {
    printf( "標準エラー出力エラー\n" );
    return -1;
  }

  return 0;
}

出力ファイル

ABCDE
[EOF]

実行結果(標準出力と標準エラー出力は同じ画面に出力される)

ABCDE
ABCDE


Copyright © 2008-2015 http://hitorilife.com All Rights Reserved.