C言語 標準関数 | 応用 | サンプル

標準関数
構文
応用

管理人

プライバシーポリシー


書式

#include <stdio.h>

int fprintf( FILE *fp , const char *format , ... );

■戻り値:出力文字数

説明

format文字列に従ってファイルポインタfpに出力する。
尚、末尾にNULL(\0)を出力しない。

出力先はファイルポインタfpを指定する。ファイルポインタfpはfopenで取得する。

ファイルポインタfpに標準出力(stdout)を指定した場合はprintfと同じである。

サンプル

#include <stdio.h>

main() {

  FILE *fp;
  int cnt;

  /* Windowsの場合は"test.txt" */
  fp = fopen( "./test.txt" , "w" );
  if( fp == NULL ) {
    printf( "ファイルオープンエラー\n" );
    return -1;
  }

  cnt = fprintf( fp , "String is %s.\n" , "JAPAN" );
  printf( "出力文字数は%dです。\n" , cnt );

  fclose( fp );

  return 0;
}

ファイル

String is JAPAN.
[EOF]

実行結果

出力文字数は17です。

補足

streamに標準出力(stdout)を指定すると、printfと同じ結果を得ることができる。

サンプル(補足)

#include <stdio.h>

main() {
  fprintf( stdout , "hello world\n" );
}

実行結果(補足)

hello world


Copyright © 2008-2015 http://hitorilife.com All Rights Reserved.