C言語 標準関数 | 応用 | サンプル

標準関数
構文
応用

管理人

プライバシーポリシー


書式

#include <stdio.h>

FILE * fopen( const char *filename , const char *mode );

■戻り値:成功時はファイルポインタ、失敗時はNULL(\0)を返す。

説明

指定したfilenameをmodeでオープンしてファイルポインタを返す。エラー時はNULLを返す。

ファイルへの読み書きはこのファイルポインタを介して行われる。つまり、ファイルへの読み書きでは、このファイルポインタを引数として指定する。

オープンしたファイルはfcloseでクローズしなければならないが、プログラムを終了するときにOSにより自動的にクローズされる。

ファイルポインタは、ファイルハンドルやファイルディスクリプタとも言われる。

mode(モード)
mode
(モード)
種別モードの意味戻り値
(ファイル有り)
戻り値
(ファイル無し)
"r"
"rb"
Text
Binary
Read onlyファイルポインタNULL
"w"
"wb"
Text
Binary
Write onlyファイルポインタ
(ファイル内容消去)
ファイルポインタ
(ファイル新規作成)
"a"
"ab"
Text
Binary
Append(追加)ファイルポインタファイルポインタ
(ファイル新規作成)
"r+"
"r+b"
Text
Binary
Read WriteファイルポインタNULL
"w+"
"w+b"
Text
Binary
Read Writeファイルポインタ
(ファイル内容消去)
ファイルポインタ
(ファイル新規作成)
"a+"
"a+b"
Text
Binary
Read Appendファイルポインタファイルポインタ
(ファイル新規作成)

サンプル

#include <stdio.h>

main() {

  FILE * fp;
  int ret;

  /* Windowsでは"test.txt" */
  fp = fopen( "./test.txt" , "r" );
  if( fp == NULL ) {
    printf( "ファイルオープンエラー。\n" );
    return -1;
  }

  printf( "ファイルをオープンしました。\n" );

  ret = fclose( fp );
  if( ret == EOF ) {
    printf( "ファイルクローズに失敗しました。\n" );
    return -1;
  }

  printf( "ファイルをクローズしました。\n" );

  return 0;
}

実行結果

ファイルをオープンしました。
ファイルをクローズしました。


Copyright © 2008-2015 http://hitorilife.com All Rights Reserved.